肌自慢になろう

肌荒れ

スキンケアは肌質を左右する重要な役割を持っています。その方法は様々ですが基本的には化粧水や乳液などで肌のキメを整えます。ですがそれら基礎化粧品も種類は豊富で、間違った選択をしてしまうと肌質を悪化させ乾燥肌になってしまうこともあります。まずはセルフチェックで自分の肌質を調べてみましょう。水分と油分のバランスが肌には重要ですが、それらが傾くと乾燥肌となります。低刺激の化粧品の使用で肌がかぶれたり、赤みを帯びるなどは乾燥肌と言えます。一見乾燥肌はキメが細かく見えますが、肌の水分不足で角質が溜まりやすく白ニキビなどが発生しやすいです。乾燥肌はこまめなスキンケアで改善します。洗顔などは泡立ちが良く刺激の少ないものを選びましょう。肌への摩擦は乾燥を悪化させるため、手ではなく泡で洗うイメージで行うといいでしょう。洗顔後の保湿も重要なので時間をかけて肌が落ち着く水分量見極めましょう。目安としては肌の弾力感にあります。化粧水をつけた後しばらく経っても乾燥しないかみてみましょう。もし乾燥が気になる様であれば再度付け足すといいでしょう。その次に油分となる乳液やクリームなどで水分に蓋をするようにつけましょう。肌がベタつく事からこの工程を省く人もいますが、それでは化粧水で補った水分が蒸発してしますので注意が必要です。この基本的なスキンケアも少しの工夫で乾燥肌を改善することが可能です。肌への刺激を抑えるためにも一度に複数の商品を使用せずに一定の商品を継続的に使用してみましょう。そうすることで肌本来の機能を保ち乾燥肌の改善につながるでしょう。